early spring garden

esgarden.exblog.jp

3月12日

今朝もカセットコンロで昨夜の鍋を温めての朝食。自宅はオール電化で、何も使えない。水道も止まってしまった。
主人が出社前に、実家の様子を見に行くという。実家へは車で20分程。
まだ余震が心配で、離れるのが不安だった。下の階のお友達に声を掛けても返事がなかったので、結局、荷物をまとめ、車2台で3人とも主人の実家へ移動した。
停電で信号が機能していない。慎重に運転しながら走る街並みは静かで、いつもと変わらないように見える。

主人の実家に着くと、お義母さんは出社したらしてく不在だった。主人が職場へ見に行く。
こちらも停電している。
家の電話を借り、自分の実家にダメもとで電話すると・・・繋がった!
電話に出た弟は、すごく慌てていて、心配していたのが伝わる。私からだとわかると、ホッとした様子で母に代わる。『大丈夫ね?頑張んなさいよ!』の言葉に身が引き締まった。

お義母さんも会社を休んで、主人と一緒に帰って来てくれた。
ガス、水、ストーブもある。みんなで温かいお茶を飲み、少しホッとする。
電池を探して、ラジオをつける。小さなラジオと災害無線が唯一の情報源。

出社する主人に『何も期待しないで行くんだよ』と送り出す。

暫くすると、水道が止まってしまった・・・。
山に湧水をもらいに行くと、濁っていてダメだったが、知り合いの方から水を分けてもらえた。貴重な水。

近くのスタンドに行列ができている。主人の車にガソリンが無かったので列に並ぶ。40ℓ入れてもらえた。その後行ったお義母さんは、入れてもらえなかった。

災害無線で給水車が来た事を知り、2度目でやっともらえる。

夕食を食べ始めると暗くなり、ろうそくの光で食べる。やっぱり暗くなると心細くなる・・・

主人が無事帰宅し、ひと安心。電力会社の人と話したが、復旧には時間がかかるかもと言われたらしく、私も長期戦を覚悟する。電気が無いと何もできず、早い時間だったが4人一室で眠る。

眠っていると、ケータイメールの着信音♪ケータイが通じた!メールが20件ほどまとまって届いていた。見上げた天井に、豆電球が灯っている!電気も来た!

主人を起こし、久しぶりにテレビをつける。
被害の大きさに驚いた。

取り急ぎメールの返信をする。離れていても、こんなにみんなの支えられていたんだ・・・と改めて感じた。本当に嬉しかった。
[PR]
# by es-violette | 2011-03-12 15:00 | 日々 | Comments(0)

3月11日

朝方、一緒に寝ていた息子がうなされていた。声をかけると、気持ち悪い・・・と。
小学校でも胃腸炎が流行っていたので、学校をお休みして病院へ。
急性胃腸炎と診断され、お薬をもらい学校へ報告する。
自宅へ戻り、時より吐き気がある息子の看病をしつつ、二人リビングで休んでいた。

つきっぱなしになっていたテレビから聞こえた『緊急地震速報』の音で飛び起きる。
何秒もしない内に、横揺れが始まる。だんだんと強くなり、電気がストップ。
食器棚を支えながら『もうすぐ終わるから』と息子に声をかけ落ち着かせる。
強く長い横揺れで、軽い物が倒れ、水槽の水がこぼれた。

揺れがおさまると、玄関の扉を開け、出口を確保する。
その後も2回の余震。やはり大きな横揺れ。
出張先から自宅へ戻る途中の主人からケータイに電話がくる。
『大丈夫?震度7だったって!』との言葉に驚く。。。
主人が自宅に戻るまで、だいたい20分くらいかな・・・などと考える。
寝起きでボーッとしていた頭が冴える程、ジワジワと不安になってきたが、意外と冷静。下の階のお友達にも、玄関の扉を開けておくように伝える。

津波も頭をよぎったが、自宅は海から離れた鉄筋コンクリートのマンション3階。普段からここは大丈夫と聞いていたので、水や貴重品などをまとめつつ、取りあえず自宅で主人の帰りを待つ。

主人帰宅後、水や貴重品なども持ち車に避難。ニュージーランドの地震が思い出された。
この時間帯は、どの家庭もご主人が不在。加えて、地元出身者が少ないマンションでは、うちの主人が唯一頼りになる存在だった。その為、ご近所と声を掛け合い、駐車場に集まっていた。

車のテレビからだったか? 津波10mの情報にさすがに不安になり、近くの高台まで車で避難。移動中、建物の倒壊などは目につかなかった。
白鳥がきれいに並んで空を飛ぶ姿が見えた。危険を察知していたのかな・・・?
この時はまだ、大袈裟なようにも感じていたが、すでに何台かの車が避難してきていた。

車のテレビにかじりつく。中継画面は仙台名取の津波。現実の事とは思えなかった。
この頃には、使っていたケータイが繋がらなくなる。。。
同じ場所に避難してきていた、主人の会社の先輩が、勤務中の社員と連絡がとれる。社員は無事だったものの、海沿いの会社は津波の被害にあったらしい。
私たちの街にも、津波はきていた。

先輩が情報収集の為、車を離れた。本当は行ってほしくなかった。
暫くして戻ってきた先輩は、ケータイのカメラで会社を写してきていた。
事務所の建物も、設備も、津波の力で見た事の無い現実にされていた。。。

外が暗くなり始め、雪もチラつく。暗くなる程、この先どうなるのか?という不安が大きくなった。この間も、ずっと余震が続いていた。
周囲が暗くなった頃、一旦、会社の寮に集まりミーティング。主人は明日、朝から出社になった。

停電が続く自宅に戻ると、駐車場から満天の星空が見えた。月明かりと遅くまで走る車のヘッドライトで明るい夜だった。
ろうそく2個と小さなライト1つの明かりで、夕食はカセットコンロであり合わせの鍋を作った。私は食べる事よりも、着替えや身の回りの物をまとめるのに夢中だった。
乾電池やカセットコンロの買い置きが無いな・・・。
薄暗い中、今欲しい物をメモする。水・ろうそく・ガソリン(常に満タン)

布団に入るも、余震が続き、なかなか寝付けない。
1日寝ていた息子は、少し熱っぽくなっていた。
ケータイはついに『圏外』の表示に変わっていて、とうとう実家と連絡がつかなかった。
みんな心配しているだろうな・・・。
[PR]
# by es-violette | 2011-03-11 15:00 | 日々 | Comments(0)

ちいさな春

d0227224_1630240.jpg

3月に入っても、寒い日が続きますね。
寒いのが苦手な私...早く暖かくなってほしいです。

息子が、学校帰りに見つけた "ちいさな春" オオイヌノフグリ(花びら破けちゃってますね...)
この小さな青い花を見ると、寒くても*春が来たなぁ*と感じさせてくれます。

まだ色の少ない早春の道端で、この花を夢中で摘んでいた
小学生の頃の自分と重なったりして...

息子も同じ気持ちで摘んで来てくれたのかと思うと、嬉しくなってしまいました♪

(はい、親バカです)
[PR]
# by es-violette | 2011-03-10 16:42 | 日々 | Comments(0)

グラグラ

今日は午前中に、震度4の地震がありました。
皆さんの地域は大丈夫だったでしょうか?

心配してメールくれたみんな "ありがとうね"
おかげさまで、特に大きな被害もなくすみました。

今日は心もグラグラと動く一日でした。
春は、いろんな事が動く季節でもありますよね。


さて、そんな春の楽しいイベントに参加します♪
『第8回きやんせふるさとフェスタ』

このイベントのフリーマーケットに参加することになりました。
九州新幹線全面開業に向けて盛り上がる鹿児島!
JR川内駅周辺にて、3/12(土)・13(日)の2日間に渡って行われます。

正確には父が参加します、なんですが・・・先月まで委託販売していた"early spring"の品物を、父のブースにて一緒に販売してもらう事になりました。
一部ご紹介です↓

麻ひもbag
d0227224_18243225.jpg


上質な麻糸で編んだ、小花のマグネットやピアス
d0227224_18245644.jpg


おいしそうなバッグレット
d0227224_18251311.jpg


お近くの方はぜひ、覗いてみてくださいね!
[PR]
# by es-violette | 2011-03-09 19:00 | 手作り | Comments(0)

はじめまして

d0227224_1546043.jpg


early spring の emi です。

私の生まれた大好きな季節に、新しいことをスタートしたくて
ドキドキしながら書いています。

実家から遠く離れて暮らしているので
普段、家族や友達にはなかなか伝えられない
日々の些細な出来事を、のんびり綴っていけたらと思っています。

ブログ初心者ですが、よろしくお願いします。

少し前に手作りした小さなリース
大好きな*春の小花*を集めた 早春の庭のイメージ.......
'early spring garden'です♪
[PR]
# by es-violette | 2011-03-08 16:03 | はじめまして | Comments(4)